ABCAとは

ご挨拶:理事長 蝶間林 利男

chomabayashi_photo

「児童生徒の自殺、25年ぶりに200人超える いじめ認知は70000件」
平成23年度文部省調査の結果ですが、いじめの実態はもっと多いかもしれません。現状の教育から発想を変えた対策が必要だと思います。本会は、子どもたちがスポーツを楽しく学び、強くしなやかな身体とコミュニケーション能力を身につけると同時にご両親に教育や子育てについて再度幅広い視点から見つめ直してもらうことで、いじめからの解放と子どもの社会的自立を目指していこうとするものです。

”という字は人が寄りかかかる様を表しているといわれますが、実際には、人が集まれば必ずといってよいほどいさかいや対立が生まれてしまうものです。この対立こそ人の成長の肥やしであるはずなのに陰湿な仕掛けのある対立は人の尊厳を踏みにじるものとなってしまっています。

そこで、スポーツ(テニス・空手)で身体・こころを鍛えることを提案します。スポーツの語源は”気晴らし”ですが多くは身体運動を伴います。運動はBDNFというタンパク質を脳内に分泌し脳の活性を高めますので、勉強とともに必須な行動です。空手は礼を守るという意味と自分を守る意味でいざという時にはとても重要です。テニスは生涯スポーツとして、身体能力の向上と同時に思考力、判断力、問題解決能力、コミュニケーション能力などを高めることができます。

テニスをはじめとするスポーツの良いところは自分勝手(我儘)では成り立たないということです。そのためには自分を外から見る“メタ認知”が必要で、自分と向き合い、他者とも向き合いながら、競って成長していくわけです。”負けず嫌い“は相手に負けないことでなく自分に勝つ(克己)ことなのです。

家庭におけるコミュニケーション(しつけと連動)はもっと重要で親から子どもたちに適確な言葉かけがなされているかを応援する必要があります。毎回50分の子育て支援の講師を招き、ディスカッションを重ねます。

本講座では、子どもたちに自己を守る、社会の中で他者を尊重し、自分らしく生きていくように家庭の役割を見直し、「いかに子供をのびのびと逞しい子どもに育てていくか」の視点でいじめ解決の手掛かりを探っていきたいと思っています。

Copyright ©  2018   ABCアカデミー  All rights reserved.