はじめに

小・中学生の皆さんへ

皆さんは自分が、またはお友達がいじめられたらどう行動しますか?
自分が誰かをいじめてしまった時はどうでしょう?

経験したことのある人ならわかると思いますが、いじめるのも、いじめられるのも、そしてそれらを見て見ぬふりをするのも、どれもあとでイヤな気持ちが残りますね。
イヤな気持ちがするということは、それはみんなの本当の姿ではないということ。
本当はケンカをしても、意見が合わなくても、気持ちよくつきあいたいと思っているし、それができるのです。

自分を知って、自分の良いところも悪いところも大好きになり、自信が持てると、不思議なことに相手のことも大切に思えるようになります。

ABCAでは、自分を知ること、できることを増やすことで自信をつけること、身体を動かすことで心も元気になることを「空手」と「テニス」を使って体験していきます。

空手やテニスをやったことのない人でも大丈夫。

いじめられてもいじめても、どんなことがあっても気持ちよく生きていきたいと思う人にぜひ参加してもらいたいと思っています。

〈参加してほしい人〉

・いじめられたことのある人
・いじめたことのある人
・お友達がいじめられているのに何もできなかった、もしくは、自分もいじめられるのがこわくて一緒にいじめてしまった人
・まわりにいじめはないけれど、この先あったらどうしていいかわからない人
・いじめとは関係ないけれど、自分を知って、自分を大好きになり、自信を持つことにきょうみのある人
・いじめとは関係ないけれど、テニスや空手をやってみたい人
・何があっても気持ちよく生きていきたい人

〈参加すると得られるもの〉

・空手の「型」を覚えられるので、いじめられた時に強く見せることができる
・空手の「礼」を知ることができるので、自分だけでなく、相手を大切にすることを学べる
・空手とテニスを通して、今の自分ができることとできないことを知ることができる
・空手とテニスを通して自分のイメージと身体の動きのズレを感じ、直すことができるようになる
・空手とテニスを通してスポーツのだいご味(汗をかくことの気持ちよさや、一生懸命になることの楽しさ、自然に友達と仲良くなるなど)を体験できる

保護者の皆さんへ

今学校では「いじめ」が大きな問題となっています。
親ならば誰しも一度は、我が子がいじめられているのではないだろうか?、いじめる側に回っているのではないだろうか?、いじめがあるのを見て見ぬふりをしているのではないだろうか?と考えたことがあるのではないないでしょうか?

ABCAでは、お子様の心身両面での健やかな成長を「テニス」と「空手」という今までにない組み合わせのスポーツを通してお手伝いしていきたいと考えています。
また、お子様がテニスをしている間に保護者講座を行います。
この講座では、ただ話を聞くというだけでなく、ワークショップ形式も用意し、いじめの現状を知ったり、家庭でできることを保護者の方にも一緒に考えていただきながら、それを実行し、その結果を持ち寄ってさらに話し合っていくといったような実験型の講座にしていきたいと考えています。

〈私達がお手伝いできること〉

お子様へ

・空手を学ぶことにより、身体面での強さを感じてもらいます
・空手を学ぶことにより、自分と相手に対する「礼」について考えます
・空手を学ぶことにより、身を守るとはどういうことかについて考えます
・空手を学ぶことにより、してもいいことと悪いことの区別について考えます
・テニスを学ぶことにより、身体を動かすことの楽しさについて感じてもらいます
・テニスを学ぶことにより、目標を達成することの楽しさを感じてもらいます
・テニスや空手を通してスポーツの醍醐味(汗をかいたり、一生懸命やったり、自然に友達と仲良くなるなど)を体験してもらいます。

保護者の方へ

・保護者講座に参加することにより、子育てを今までと違った視点から見えるようになります
・保護者講座に参加することにより、子供とのコミュニケーションの取り方について具体的な方法が学べます
・保護者講座に参加することにより、子供のやる気を引き出す具体的な方法が学べます
・保護者講座に参加することにより、今までとは違う「子育て仲間」ができます
・保護者講座に参加することにより、知識だけではなく、行動の最初の一歩が踏み出せます

inpagebanner_1stevent

Copyright ©  2018   ABCアカデミー  All rights reserved.